注目の遺伝子治療で癌を撃退|全身の癌細胞を治療できる治療法

腰痛の原因

カウンセリング

行徳の病院にも、腰痛に悩んでいる人たちがたくさん訪れます。腰痛と聞くと、年配の方に多い病気と考えがちですが、実は行徳の中でも、若い年代で腰痛に悩む人は少なくありません。では、腰痛の原因にはどのようなものが考えられるのでしょうか。意外なことに、腰痛の原因が特定されるものは、全体の15%だと言われています。あとの85%は原因がわからないのです。原因が特定される腰痛には、代表的なものとして椎間板ヘルニアなどが挙げられます。ほかにも圧迫骨折や、癌や血管などの病気が原因となって腰痛になるという人もいます。原因がわからない腰痛の場合、様々な要因が重なっているとも考えられます。気付かないうちに腰に負担をかけてしまっていた、なんてこともあるのです。長時間同じ姿勢で作業をする職業や、身体の冷えなどが原因になることもあります。また、身体に合わない寝具を使い続けていたり、肥満やストレスなども原因となるのです。

原因も様々ですが、あまりにも辛いという場合は、我慢せずに行徳の病院で診断を受けるようにしましょう。治療法もいくつかあり、薬物療法だけではなく、理学療法なども受けることができます。腰痛の状態によっても変わるかと思いますが、ブロック注射で痛みを和らげるという治療法もあります。これらの治療法は行徳の病院でも受けることができます。自分の腰痛の具合を確認し、医師にどのようなときに痛みを感じるかなどを詳しく説明しましょう。それに合わせて治療法も提案されるので、相談しながら決めていくと良いでしょう。腰痛は放っておくとどんどん悪化していきます。早いうちに治療を行ない、痛みから解放されましょう。