注目の遺伝子治療で癌を撃退|全身の癌細胞を治療できる治療法

遺伝子を調べる

病院

ハイブリダイゼーション(Insituhybridization)という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、組織中で目的の遺伝子の発現部位を解析するという方法のことです。特定のDNAの分布などを検出できるハイブリダイゼーションは、がん治療にも活用されています。遺伝子と蛍光色素で複合体を作り、専用の顕微鏡で遺伝子の異常がないかなどの検査をします。がん組織の遺伝子を染めることで、検査しやすくなります。このハイブリダイゼーションはFISH法と呼ばれることもあります。ハイブリダイゼーション以外にも、似ている検査としてCICH法と呼ばれる方法も挙げられます。がんのことを詳しく調べるためにも、必要な検査方法と言えます。

ハイブリダイゼーションを用いた検査方法により、がんのことを詳しく調べることができます。今後どのような治療を進めていくか決めるということからも、とても大切な検査となります。最新の治療法である遺伝子治療も今注目されており、この治療法を選択する患者も増えてきました。薬物療法や放射線治療などもありますが、副作用も大きく、治療自体が辛いと感じることがほとんどでした。しかし、遺伝子治療ならば患者への負担も少なく、初期のがんから進行がんまで治療が可能なのです。まだどこの病院でも治療を受けられる段階まではいってないのですが、今後広まっていくことが予想されます。ハイブリダイゼーションを用いた検査方法をきっかけに、どのように治療していくか、がんと向き合っていくかということが見えてくるでしょう。